十年

c0004750_18105911.jpg
十年 (2015)

【監督】クォック・ジョン / ウォン・フェイパン / ジェヴォンズ・アウ / キウィ・チョウ / ン・ガーリョン
【出演】


★★★★☆ [90点]「香港の霧は晴れるのか」

低予算、ノースター、無名の監督たちのオムニバス。
にもかかわらず2016年の香港金像奨に輝いている。

香港がイギリスから中国へ返還されて20年がたった。
そして、この映画は10年後の未来を描いている。

社会派問題作である本作は日本でどのくらい受け入れられるのだろうか。
若干難解な部分もあるが、アジアに注目している人は是非観てほしい。
エネルギッシュでミステリアスな香港を知っている人、愛している人は見逃してはならない。
カンフー映画や黒社会映画やウォン・カーウァイ映画だけを観て香港映画通と思ってはいけない。

第1話『エキストラ』でため息をつき、
第2話『冬のセミ』で暗澹たる気分になり、
第3話『方言』で苦笑する。
第4話『焼身自殺者』はさらに辛くなる。
しかし、第5話『地元産の卵』では少しだけ霧の晴れ間から日が差してくる。
この構成が見事だと感じた。


Posted by ちょし on 2017/07/26 with ぴあ映画生活

[PR]
by leonpyan | 2017-07-26 18:11 | 映画 | Comments(0)

いらっしゃませ!ちょしと申します。映画・観劇の感想、旅行記、カメたちの写真などを載せています。よろしかったらコメント残してくださいませ♪


by ちょし