2016年観劇リスト

1月 国立劇場
  『通し狂言 小春穏沖津白波 ―子狐礼三ー』
   尾上菊五郎、中村時蔵、尾上菊之助
   
   久しぶりの歌舞伎。
   通しで観たのは初めてだったので、導入としては大正解。
   時蔵さんの上手さが印象的でした。

3月 歌舞伎座
  「五代目中村雀右衛門襲名披露 三月大歌舞伎」
   雀右衛門さんはじめ大御所多数

   呉服屋さんからのいただきチケットで、前から2列目!
   舞台も雀右衛門さんの衣装も素晴らしく美しかったけれど、演目としてはちょっと退屈め。
   お隣に座っていらした超豪華な訪問着をお召しの踊りのお師匠さんはずっと船を漕いでいらっしゃいました(苦笑)。

4月 東京宝塚劇場
   『るろうに剣心』 雪組公演

   宝塚も本当に久しぶり。
   昔から周りには結構コアなファンが多いので、何回か誘われて行っています。
   行くたびにステキ!とは思うけれど、ハマり込むことはないんですねえ。
   今回の舞台もとっても楽しくて素敵でした。
   主演の早霧せいなさんの声が好き。

5月 歌舞伎座
   「團菊祭五月大歌舞伎」

   昼の部を観賞。
   そうそうたるメンバーでしたがあまり印象無し。。。ごめんなさい。

6月 渋谷・コクーン歌舞伎
   『四谷怪談』

   カード会員先行予約でベンチ席をゲット。
   勘九郎の汗が飛ぶ!
   七之助は美しいけれどデカイ・・・
   扇雀は確かに扇千景にそっくりだ。
   そして私は亀蔵が好き(亀だけに)。

6月 歌舞伎座
   「六月大歌舞伎」
   『義経千本桜』第一部『碇知盛』

   染五郎頑張りましたの巻。
   猿之助が出ていれば自分は満足するのだとこの時自覚する。

7月 歌舞伎座
   「七月大歌舞伎」
   夜の部『荒川の佐吉』『鎌髭』『景清』

   猿之助と海老蔵が大活躍、私的にはとても美味しい舞台でした。

8月 歌舞伎座
   「八月納涼歌舞伎」
   第二部『東海道中膝栗毛』『艶紅曙接拙』
   
   私にとっては2016年ベスト舞台賞。
   古典を愛する歌舞伎ファンにとってはどうなの?でしょうが、
   エンターテインメントとして考えれば時代と共に変わっていくことも必要かもしれません。
   この時点で亀ちゃんに一生付いていくと決めました(笑)。

8月 東京宝塚劇場
   『NOBUNAGA<信長>‐天下の夢‐』『Forever LOVE!』 月組公演

   月組トップの龍真咲引退公演。
   うーん、これはいまひとつでした。
   そういえば大地真央の引退公演もいまいちだった覚えが。
   引退公演は必ずしもベストな演目とは言えない!?

9月 歌舞伎座
   「秀山祭九月大歌舞伎」
   夜の部『吉野川』『らくだ』『元禄花見踊』

   予習も知識も何もなく観たので、『吉野川』の展開がどうしても理解できず・・
   何で息子と娘を殺さなくてはいけないの・・と思ったのですが、この時代は仕方なかったのかな。
   そうは言ってもとても見応えがあって、面白かった。
   玉三郎はさすがに老け役が板についてきましたが、踊りの演目になると艶やかで美しい。

10月 歌舞伎座
   「中村芝翫・橋之助・福之助・歌之助襲名披露 芸術祭十月大歌舞伎」
   夜の部『外郎売』『襲名披露 口上』『熊谷陣屋』『藤娘』

   すみません、橋之助父子にはあまり興味ないんですが、『外郎売』と『藤娘』が観たくて。
   そのちょっと前に玉三郎さんの講演会を聴きに行って、藤娘を踊る話をされていたので。

10月 国立劇場
    『仮名手本忠臣蔵』第一部 (大序~四段目)

    10,11、12月と三カ月に渡って上演されるあまりにも有名な通し狂言。
    この機会に観なくては、ということで三カ月チケットを購入。
       
11月 新橋演舞場
    『三婆』
     大竹しのぶ、渡辺えり、キムラ緑子、安井謙太郎、福田彩乃、段田安則

    久しぶりに高校時代の友人たちに誘われての観劇。
    いつもたいてい一人で観るので、大勢でワイワイ行くのも楽しい。
    舞台はもちろん大爆笑とホロリ。
    これだけ役者が揃えば面白くないはずがないですね。

11月 国立劇場
    『仮名手本忠臣蔵』第二部 (道行旅路の花聟~五段目~七段目)

12月 世田谷パブリックシアター
    『エノケソ一代記』
     市川猿之助、吉田羊、浅野和之、山中崇、水上京香、春海四方、三谷幸喜

    猿之助ファンクラブではチケットを扱わないということだったので、カード会員の先行抽選にトライ。
    何とかチケットは取れたけれど、一等席の最後尾列でちょっとがっかり。
    でも行ってみたら、一番後ろでも十分に楽しめる劇場でした。
    開幕2日目だったので、亀ちゃんはまだノリ切っていない印象でしたがテンポの良さは裏切りません。
    吉田羊さん、きれいでした。山中崇さん、面白すぎる。
    そして三谷幸喜が久々に演者として登場、美味しいところをぜーんぶ持っていきました。 

12月 国立劇場
    『仮名手本忠臣蔵』第三部  (八段目~十一段目)

    討入り!やはり見どころたっぷり。
    それにしても全部上演すると長いんですね~。

[PR]
by leonpyan | 2016-12-31 00:00 | 観劇 | Comments(0)

いらっしゃませ!ちょしと申します。映画・観劇の感想、旅行記、カメたちの写真などを載せています。よろしかったらコメント残してくださいませ♪


by ちょし