この世界の片隅に

この世界の片隅に (2016)

【監督】片渕須直
【出演】


★★★★★ [100点]「エンドロールで涙腺決壊」

今日は映画の日。
1,000円で映画を観られる日。
こんないい映画を1,000円で観るなんて、とても申し訳ない気がした。
3,000円払ってもいいと思った(言うだけタダだ。)

時代は第二次世界大戦末期、舞台は広島と呉。
内容的には何だか悲惨なものを予感させるけれど、そして確かに辛い現実がそこにあるのだけれど、それでもスクリーンの中で一番生き生きと描かれるのは「日常」だ。
海や山や空を見て心を動かされたり、笑ったり怒ったり、悲しんだり喜んだり。
主人公のすずはそんな気持ちを絵を描くことで昇華する。ある出来事が起こるまでは・・。

忘れていた何かを思い出させてくれるような秀作。
どんなに辛いことがあっても人には前に進んでいく力があるはず。
主人公すずの声を演じた「のん」さんにもエールを送りたい。


Posted by ちょし on 2016/12/01 with ぴあ映画生活


付け加えると、泣ける映画、ではないと思います。
私もそれほど涙が出たわけではない。
ただただ、胸にズシン、と来た。

で、油断していたらエンドロールのおまけ映像、
ここでボロボロ泣いちゃったという・・・。
あれは反則技でしょ。

[PR]
by leonpyan | 2016-12-01 18:03 | 映画 | Comments(0)

いらっしゃませ!ちょしと申します。映画・観劇の感想、旅行記、カメたちの写真などを載せています。よろしかったらコメント残してくださいませ♪


by ちょし