バットマン ビギンズ

c0004750_23304720.jpg140分という長さと暗~い雰囲気がちょっと心配でしたが、結構楽しめてしまいました。
ティム・バートン版の『バットマン』は荒唐無稽でまさにコミックの映画化という感じが好きだったのだけれど、
クリストファー・ノーラン版は設定もノリも違います。
題材が同じというだけで、全く別の『バットマン』シリーズの幕開け(ビギンズ)ですね。

冒頭にチベットとか忍者とか出てくるのが、何やら怪しい感じ。
修業シーンはお約束なんでしょうが、ちょっとありきたり。
リーアム・ニーソンが師匠ともなるとタイムリーなあの映画が思い出されてしまいます。
(昨日観たばかりだしね)

この映画の真骨頂はブルース・ウェインがゴッサム・シティーに戻り、
バットマンというキャラクターを作り出す過程にあります。
マスクの発注とか、スーツを作っていくところなんかは大真面目なんですが何か微笑ましい。

いやいやそれにしても脇を固めるオジさまたちの豪華なこと!
リーアム・ニーソン、マイケル・ケイン、ゲーリー・オールドマンに加えて最近出ずっぱりのモーガン・フリーマン。
他のキャストも有名どころを揃えています。
あれ?誰だっけ?と思ったらルトガー・ハウアー。なつかしー。ちょっと太られました?
これだけ豪華キャストだとケン・ワタナベが霞むよなあ・・・っつーか、出番もねぇ・・・出方もねぇ・・(ぶつぶつ)

ところでクリスチャン・ベール演じるブルース・ウェインは萌えキャラじゃありませんこと?
大金持ちの御曹司、イケメン(歯並びはちょっと・・)、孤独で影アリ、筋肉質。
でもちょっとオタク過ぎ?ま、今はオタクもブームだし無問題!

難点はアクション(格闘)シーン。もっと引け!
何やっているのか全然わかりまへん。
アクションに関してはクリスチャン・ベールが主演した『リベリオン』のほうが遥かにスッキリはっきり良かったです。
次回は改善していただきたいものです。

バットマン ビギンズ@映画生活
[PR]
Commented by (ーε・)ヾ at 2005-07-07 02:04 x
こんばんは、渡辺件は殺陣がすばらしかっただけに、あの扱いは残念でした。東洋人の扱いは、何とかならんものでしょうか?
子供のころのエピソードは原作どおりのようですし、なぜこの男はバットマンとなったかがわかるおもしろい話だったと思います。

ブログ引っ越しました。前のだと、何度やってもなぜか映画生活にTBできないのです。
Commented by leonpyan at 2005-07-07 09:01
> (ーε・)ヾ さん
TBありがとうございました。
東洋=エキゾチックというティピカルな構造は観ている方としては辛いものがありますね。どこかのサイトで、本当はあの組織はイスラム系だと書いてあるのを読みました。中東を舞台にするとシャレにならないので仕方ないのかもしれません。
新しいブログ開設、おめでとうございます☆遊びに行きま~す。
by leonpyan | 2005-07-05 23:35 | 映画 | Comments(2)

いらっしゃませ!ちょしと申します。映画・観劇の感想、旅行記、カメたちの写真などを載せています。よろしかったらコメント残してくださいませ♪


by ちょし