カンフーハッスル 吹替版

今日は家族で『カンフーハッスル』吹替版を鑑賞。

ついこの前までは暴力的な映画は観たくないとゴネていた息子も私のしつこ~い説得にとうとう屈しました。

結果は・・・ぜーんぜんオッケーでした。
暴力的ったって、シンチーですから!
だいたいうちの家族は私に(無理やり)『008皇帝ミッション』とか『ファイト・バック・トゥ・スクール(原題:逃学威龍)』とか『超アブない激辛刑事(デカ) カリー&ペッパー』とか、一般家庭は観ないようなシンチー映画を観させられていますから、免疫はできています。

吹替えについてですが、シンチーは前作と同じ山寺宏一さん。
シンチーと言えば山ちゃん、と思えるくらい板についてきました。
他のキャストもしっかりした声優&俳優さんたちで固めているので、安心して観ることができます。
脇役にフジテレビアナウンサーがアテていたらしいのですが、私には誰が誰だかわかりませんでした。

ただ、固有名詞などは漢字にすると何となくニュアンスが伝わるものが吹替えだとよくわからない、というのもあります。
「かうんじゃしん」「ごろうはっけこん」「こうけてっせんけん」とか言われてもなかなかピンと来るものではありません。
意味は知らなくても「火雲邪神」「五郎八卦棍」「洪家鉄線拳」なら何となく想像がつきます。

でもアクション映画の場合、字幕に囚われず細部を見渡すことができるというのは利点ですね。
字幕にしたって、広東語のギャグを完璧に伝えるのは不可能ですから、その点では吹替えのハンデは小さいかもしれません。

残酷シーンが多くて子供にはちょっと・・と躊躇している親御さんも多いかとは思いますが、小学校高学年以上ならまず心配はないんじゃないかな。
何しろ善玉悪玉がはっきりしています。
判断力のある子供なら、これを観たら「何が正義か」はしっかり見極められるでしょう。
いえ、それ以前に大笑いして楽しんで、カンフーに憧れちゃう子が増えるのでは。
息子も帰宅してから、「十二路譚腿」の足技(一度に二人やっつけちゃうヤツ)を練習しています。。。足が開かないんだけどね。

カンフーハッスル@映画生活
[PR]
Commented by >ツボヤキより at 2005-01-10 00:52 x
TBお世話になりました!
ご挨拶が遅くなり申し訳ありません!
勝手気侭我儘な言いたい放題のblogですが、
何卒ヨロシクお願い致します。
Commented by leonpyan at 2005-01-10 19:48
コメントありがとうございます。
私も映画に限らず何でも屋のブログですが、どうぞよろしく。
ツボヤキさんのブログにもちょこちょこ遊びに行かせてもらいますね。
Commented by ちぇしゃ将軍 at 2005-01-11 02:23 x
『3Fの休憩室』のちぇしゃ将軍と申します!
ペコリー
自分のブログへ遊びに来てくださって有難うございますー(・∀・)
また、レス&トラバ返しドモですヽ( ^∀^)ノq□ コーフィードゾー
お返事大変遅くなってしまい申し訳ございませんでした
それにしても『カンフーハッスル』大人気ですネー、ちぇしゃもこんなにコメントとトラックバック頂けたの初めてでビックリでしたー( Д) ゚ ゚
しかし予想以上に愉快痛快爽快面白映画で大満足でした、チャウシンチー監督作品はお初ですが、これはもう『少林サッカー』、『食神』の2作品も近々観てみたいと考えております(・∀・)
こんな感じの映画好きホテルマン、ちぇしゃですがこれからもどうか宜しくお願いしますー♪
Commented by leonpyan at 2005-01-11 16:14
ちぇしゃ将軍さん、コメントありがとうございます。
おお、ちぇしゃさんはホテルマンなんですね!そういえば去年、ヨン様の出ていた『ホテリアー』というドラマ観ました・・って関係なくてすみませんm(_ _)m ペコリ!
『少林』と『食神』どちらも面白いですよ。
観たら、また感想書いてくださいね♪遊びに行きますので!
Commented by ちぇしゃ将軍 at 2005-01-13 01:00 x
本日、DVDにて『少林サッカー』を入手しましたー!
残念ながら明日は仕事なんで今夜はさっさととこにつきますが休みに入り次第ブログにUPしたいと思ってますー
楽しみ楽しみー(´∇`)ケラケラ
そしてー、そうなんです
ちぇしゃはホテルマンでしてー(少々腐ってますが…)
ホテルを題材にした映画ってあまり観てないんで微妙ですが
あっ『ホテル・ビーナス』観たっ!主題歌がお気に入りですー(・∀・)
Commented by leonpyan at 2005-01-13 15:18
>ちぇしゃ将軍さん
ホテルマンは夜勤もあるでしょうし、大変ですね!
『ホテル・ビーナス』未見です。借りてこなくちゃ。
Commented by (・ε・)ヾ at 2005-01-14 19:04 x
こんにちは、お言葉に甘えてTBつけされていただきました。
周星馳の映画につきものの呉孟達がいないので、桜の塩漬けのないアンパンみたいな感じがしますが、今までとちがうイメージでの製作にも力を入れるよ、という星馳の意思表示なのでしょうか。
Commented by leonpyan at 2005-01-14 22:57
(・ε・)ヾさん、コメントありがとうございます。
『カンフーハッスル』は大好きな映画ですが、確かに今までの星爺映画とは違った真面目さ(?)が見られて、少し寂しい面もありますね。マンタのおっさんの不在、ブスメイクなし(今回は大家夫人とミス豚小屋砦でチャラ?)、女優のカメオ無し、女装にいさん無し。 “撮られる”よりも“撮る”ほうに夢中になりだしたんでしょうかね?
by leonpyan | 2005-01-05 00:52 | 映画 | Comments(8)

いらっしゃませ!ちょしと申します。映画・観劇の感想、旅行記、カメたちの写真などを載せています。よろしかったらコメント残してくださいませ♪


by ちょし