ツリー・オブ・ライフ

ツリー・オブ・ライフ (2011)

【監督】テレンス・マリック
【出演】ブラッド・ピット / ショーン・ペン / ジェシカ・チャスティン / フィオナ・ショウ / ハンター・マクラケン / ララミー・エップラー / タイ・シェリダン

★★★ [60点]「評価に戸惑う壮大な叙情詩」

この夏楽しみにしていた『ツリー・オブ・ライフ』と『シャンハイ』、

どちらも思いのほか「映画生活」での評価が低いので少し迷ったけれど、

とりあえずこちらを先に鑑賞。



なるほど、これは評価が難しい映画だと思う。

カンヌのパルムドールをとっていなかったら、これほどまでにTVCMは出なかっただろう。

このCMが二大スター共演の家族の物語と謳っているのは若干ミスリードであるとも言えなくもない。



根底には宗教観があり、生と死、人間の存在の意味を静かに考えさせる意図があると思うのだが、

エンターテインメントを期待して観に来た客には憤懣ものだろう。

ましてやキリスト教に疎い日本人にはほとんど意味不明に違いない。



正直、私も前半は一瞬記憶が無くなったし(私は映画で寝ることはあまりない)、

ストーリー的にも言葉足らずな面が多く、「結局何が言いたいのだろう?」と思わずにはいられなかった。



ただ、不思議と鑑賞後は心地よい感覚がある。

映像がヒーリング系という感じなのだ。

この世界の誕生、母の胎内にいる感覚、子供のときの視点、そして自我の目覚め。

そんな道筋を追体験できる映像なのである。



評価ができるのはそんなところかな。

ストーリー的には・・・すみません、劇場でわざわざ鑑賞するには辛い・・気が(汗)。


Posted by ちょし on 2011/08/25 with ぴあ映画生活

[PR]
by leonpyan | 2011-08-25 08:57 | 映画 | Comments(0)

いらっしゃませ!ちょしと申します。映画・観劇の感想、旅行記、カメたちの写真などを載せています。よろしかったらコメント残してくださいませ♪


by ちょし