ブリジットジョーンズの日記 きれそうなわたしの12か月

帰りのキャセイ航空の中で鑑賞。
さすがに日本語字幕は付いておらず、中国語字幕で洋画を観たのは久しぶりでした。

中国語で洋画を観る時に一番困るのが固有名詞。
全部発音から当て字で漢字をふるので、一瞬見ただけでは何のことだかわからないのです。
意識は字幕に集中するので英語を同時に聞き分けるという神業は私にはできないわけで。

以前、台北で『バック・トゥー・ザ・フューチャー』を観たときは「プルトニウム」がわからず、
何でアラブ系の人たちにドクが襲われたのかどうにも消化不良で日本でリベンジ鑑賞したことがありました。
たとえば「ブリジット」は「布麗吉特」になってしまうし、「マーク」は「馬克」みたいな感じ。
とりあえず今回は続編で1を観ていると登場人物はだいたいわかるので大丈夫でしたが。

さて、前回の『ブリジットジョーンズの日記』の時は
「そうそう、30歳前後のOL時代はこんな生活してたのよね~」
と鑑賞後サントラや原作を買ったほど見事に私のハートに共鳴してくれましたが、今回はいかに?

気楽に楽しめる雰囲気は前作と一緒。
レニーは前にも増してビッグなお尻を可愛く振り、チョコチョコ走る姿がキュートです。
コリン・ファースも素敵で、ブリジット&マークはまさにベストカップル(いや、バカップルかも?)。

でもやっぱり続編は難しいというか、話の持っていき方にちょっと無理があるかな。
ヒュー・グラント演じるダニエルの登場も取ってつけたような展開だし・・。

今回は共感するにはちょっとブリジットが飛びすぎちゃった感じがしましたが
まあ、気軽に笑って楽しむ映画としては及第点だと思います。

ブリジットジョーンズの日記 きれそうなわたしの12か月@映画生活
[PR]
by leonpyan | 2005-03-23 14:51 | 映画 | Comments(0)

いらっしゃませ!ちょしと申します。映画・観劇の感想、旅行記、カメたちの写真などを載せています。よろしかったらコメント残してくださいませ♪


by ちょし